COLUMN

家づくり豆知識

2020.12.14

注文住宅を検討している方へ!断熱材について解説します!

注文住宅を初めて建てるため、断熱材に関して教えてほしいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
そもそも断熱材が何かわからないという方もいらっしゃるでしょう。
断熱材は、住宅で快適に過ごすために役立ってくれます。
そこで今回は、山梨に在住の方に向けて、注文住宅の断熱材について紹介します。

 

□断熱材とは

住宅用語を詳しくご存じない方にとって、断熱材という言葉はあまりなじみ深いものではないと思います。
断熱材は家の快適性に影響するものなので、十分に理解しておいて損はないでしょう。

断熱材とは熱を断つための資材のことを指します。
住宅内の温度を一定に保つため、外からの熱の影響を減らすために用いられます。
断熱材を使用すると、夏は涼しく冬は暖かく過ごせます。
日本の気候は、断熱材がないと過ごしにくいと言えるでしょう。

せっかく夢のマイホームを建てるのであれば、快適な住宅を作りたいですよね。
家での生活が快適に感じられない場合は、断熱性の低さが原因と言えます。
逆に言えば、断熱性さえ確保できれば、ある程度の快適さが得られるということです。

先ほども紹介した通り、断熱材が高い住宅は、熱が遮断されるので室外が寒くても室内は暖かいです。
また、室外が暑ければ、室内は涼しくなるでしょう。

断熱材は住宅全体の温度差を一定に保ってくれるため、家のどこにいても快適でしょう。

□具体的な断熱材を紹介

ここまでは断熱材がどのようなものか、断熱材の機能について紹介しました。
断熱材の重要性を理解していただけたと思います。
ここからは具体的な断熱材を紹介しながら、その効果についてお話ししますね。
今回は、断熱材を2つ紹介するので、ぜひ参考にしてください。

1つ目は、グラスウールです。

こちらの断熱材は、日本で最も使用されているでしょう。
リサイクルガラスを溶かして繊維状にしたものがグラスウールです。
こちらはコストと断熱性能が良いことから人気が高いのでしょう。

コストを抑えながら十分な断熱性を確保できることはとても嬉しいですよね。
また、耐火性や耐久性、吸音性高いことも人気の理由でしょう。

グラスウールのように現場で職人が施工する断熱材はコストを抑えられますが、1つ注意すべきポイントがあります。
それは、隙間が生まれてしまうと断熱性がダウンしてしまうことです。
隙間が発生しないようにするためには、施工管理をしっかりと行っている業者を選ぶ必要があるので注意しておきましょう。

2つ目は、硬質ウレタンフォームです。

こちらは薄い厚みでありながら、高い断熱性能を発揮してくれることが特徴的でしょう。
硬質ウレタンフォームは、専門の職人が吹き付けて施工します。
そのため、隙間なく断熱材を設置できます。
専門の職人が施工することで、仕上がりの差も少なくなるでしょう。

こちらは先ほど紹介したグラスウールよりも高価ですが、施工性や性能の面から見ても便利な断熱材と言えます。

これらの他にもさまざまな断熱材が存在します。
そのため、依頼する業者の方とよく話し合ったうえで、どの断熱材を使用するか決めてくださいね。

 

□断熱工法について

住宅の断熱性能を高めるためには、断熱材だけでなく、断熱材をどのように施工するかも重要でしょう。
ここからは断熱工法の1つとして知られる充填断熱について紹介します。

そもそも充填断熱とは、壁の中に断熱材が施される断熱工法のことを指しています。
柱と柱の間といった構造体の間に断熱材を使用します。
こうした工法を充填断熱と呼ぶので覚えておきましょう。

ではこの工法のメリットは何なのでしょうか。
1つ目のメリットは、断熱材が劣化しにくいことです。
構造体の間に断熱材を使用するということは外からの影響を受けにくいということです。
そうなると、断熱材自体が劣化することは少ないと言えるでしょう。

仮に断熱材は劣化した場合は、もちろんメンテナンスが必要です。
断熱材のメンテナンスはかなりの費用がかかります。
そのため、断熱材が劣化しにくいという点は大きなメリットですよね。

2つ目は、費用を安く抑えられることです。
充填断熱工法は柱の間に断熱材を使用するため、特に下準備の必要はありません。

しかし、これ以外の方法であれば、断熱材を設置するためのスペースを設ける必要があるでしょう。
つまり下準備が必要であるということです。
このように工程が増えると、費用も増えてしまうでしょう。

コストを抑えながら、断熱材の劣化も防げることはとても嬉しいですよね。
断熱材を設置する際は、充填工法を検討してみてはいかがでしょうか。

充填断熱工法のメリットを紹介しましたが、デメリットも存在します。
それは、構造体に断熱材を使用するため、複雑な形をした部分に断熱材を設置する際に隙間が生まれてしまう可能性があることです。
しかし、このデメリットに関しては、専門の職人が施工するのであれば心配する必要はないでしょう。

 

□まとめ

今回は、山梨に在住の方に向けて、注文住宅の断熱材について紹介しました。
断熱材は住宅の快適性を左右するものであることがお分かりいただけたでしょうか。
断熱性を確保することで、より快適な住宅に仕上がるでしょう。
注文住宅の断熱材についてもっと詳しく知りたい方は当社までご連絡ください。

© G+M CORPORATION Co.Ltd.
無料相談会ご希望の方