COLUMN

家づくり豆知識

2021.11.09

パントリーの収納のコツとは?

「毎日整頓された空間で過ごしたい」「収納が不便で整理しにくい」

このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。

収納が不十分な点があると、整理整頓しようにもうまく今ないですよね。

そこで今回は、パントリーについての説明、パントリーに収納するコツ、そしてパントリーの収納アイディアについて解説します。

△家づくり「ほぼ毎日 無料相談会 開催しています。」(画像クリックで詳細ページへ。)

 

□パントリーとは?

パントリーとは、食料品や食器を整頓する小室のことを指します。

キッチン周辺の細々とした調味料や、使いきれない袋入りの食料品をしまうのにとても便利です。

あまり大きなパントリーにしてしまうと、結局中でごちゃごちゃしてしまうので、小さなパントリーを何個も使用することがおすすめです。

 

パントリーを採用する際の基本的なるルールは、パントリーを置く場所で分けられます。

 

目線よりも高い場所には、頭上に手を伸ばしてとることになるので軽いものが安全です。

また、あまり目につかない場所なので、賞味期限余裕があるものを置くようにすると無駄が出ません。

ラップやジップロックなどのキッチン消耗品を置くのがおすすめです。

取っ手付きのものを使うと高い位置から降ろしやすくなるので良いでしょう。

 

目線から腰の高さまでの位置にあるものは、最も目につきやすく出し入れしやすいといえます。

よって、毎日の料理に欠かせないものや、賞味期限の経過が早いものを置くのがおすすめです。

同じような系統の商品を同じパントリーに入れて収納するとわかりやすくなるので、料理効率も上がります。

 

かがまないと取れない低い場所には、缶詰や飲料などの重いものを置くのがおすすめです。

土鍋やカセットコンロ、タコ焼き機などを置くのもよいでしょう。

ストック用の洗剤や大容量サイズのものを置くのにも適所です。

 

□パントリー収納のコツをご紹介します!

パントリーで収納すると、整理整頓がしやすく収納容量も大きくなります。

その結果ついつい買いだめやストックをしたくなりがちです。

まだ十分にストックがあるものを重複して買わないためにも、中身を見やすくしておくことが重要です。

 中身のものが見やすいと、料理中に調味料や食料品を探しやすくもなりますよ。

 

さらに中のものを見つけやすくするために、一つのパントリーに入れる量の余裕を持たせることも重要です。

パントリー内に空間が生まれると、風通しも良くなるのでカビも発生しにくくなります。

 

一段ごとに置くものが少ないと見せる収納としても十分成り立ちます。

おしゃれな空間にしたい方、収納物のデザイン性に魅力がある場合は、収納数に制限をかけるのがおすすめです。

 

ボックスやかごを使う場合は、棚の奥行や横長の寸法に合わせてボックスやかごの大きさと数を決めると良いでしょう。

 

衛生面を考慮して蓋つきのボックスやかごを選ぶ方もいますが、後々出し入れが面倒になるのであまりおすすめしません。

また、統一感を持たせるために、ボックスの形や色を同じものにするのが良いでしょう。

どこに何がありかわかりやすくするために、ラベルを張っておくと、統一感を保ちながら利便性も確保できておすすめです。

  

□パントリー収納アイディアをご紹介します!

パントリーの収納は、見せる収納にしたい方にとてもおすすめの収納方法といえます。

収納ボックスを採用する場合は、取っ手部分をスプーンやフォークにして遊び心をだすなどのアレンジが良いアクセントになります。

 

収納品が一目でわかるようにするためのラベルも、工夫次第でおしゃれアイテムになります。

デザインのかわいいラベルシールを貼ったり、かわいいフォント文字を印刷したりするとおしゃれですよ。

 

使用するボックスやかごは、もちろん100均のものでも構いませんが、おすすめなのは無印良品のものです。

中でもおすすめなのは、「頑丈ボックス」と呼ばれるものなので、探してみてくださいね。

 

無印用品のファイルボックスもパントリー収納に適したアイテムです。

中のものが見えにくいので、使い途中の食料品や洗剤の買いだめなど、隠す収納をしたいものを入れるのがおすすめです。

親指をひっかけて引き出す取っ手があるので、出し入れも楽にできます。

 

飲料品を箱買いする方にご紹介したいのが、ペットボトルをしまうコツです。

ファイルボックスの口を手前に向けて縦に倒した状態にします。

その中に、ペットボトルの飲み口を手前にして、寝かせて積み重ねていくと上から取り出しやすいですよ。

 

パントリーに扉がついている場合は、ワイヤボックスを扉にひっかけると収納容量が増えます。

中身が見えやすいので、比較的おしゃれなものを入れると見た目を損なわないので推奨おすすめです。

 

□まとめ

以上、パントリーについての説明、パントリーに収納するコツ、そしてパントリーの収納アイディアについてご紹介しました。

 毎日綺麗な状態に室内を保とうとをお考えの方はこの記事を参考にパントリー収納を検討してみてはいかがでしょうか。

 

山梨にお住まいの、収納でお困りの方はぜひ当社にお問い合わせくださいね。

© G+M CORPORATION Co.Ltd.
無料相談会のご予約 電話でのお問い合わせ